野球を100倍楽しむ方法・東京ドーム編

東京ドームは言わずとしれた、球界の盟主、巨人の本拠地です。座席は全席指定席です。ここで座席選びが先ず重要になってきます。E+等では、座席を指定出来ます。勿論東京ドームのチケット販売所でも、チケットを購入する事が出来ます。

S指定席からD指定席まであります。一番早く売り切れるのは外野指定席ライトです。どの指定席でも共通している100倍野球を見る方法の大原則。それは必ず角の席を取る事です。角とは通路側の事です。真ん中の席だと、お腹が減っても、買いに行く気力がなくなります。

しかし通路側なら直ぐに階段を駆け上がれば良いので、非常に便利でストレスを感じません。通路側と真ん中の席では、全然野球の味方が変ってきます。通路側の唯一の弱点は人の出入りが多い事位です。その他は特に弊害はありません。

通路側で試合を見ると、その後、真ん中の席で見たくなくなります。如何に通路側が魅力的かは、直ぐに気が付きます。正に至福の時です。通路側は試合前に選手が投げるサインボールや、試合仲のファールボールが取り易いので楽しさ100倍です。サインボールに、ファールボール外野指定席ならホームランボールを取るチャンスも拡大します。

東京ドームの前売り所では通路側と言えば通路側の席を用意してくれます。E+では、座席指定で通路側から席が売れていきます。最終的に残るのは真ん中の席です。意外にチケットは取り易いです。今はネットでチケットが取れる時代です。

ページのトップへ戻る